【2015.08.01-04】そばっち さんさを踊る!踊る!踊る! ~もっと熱くなれよ~

こんにちは!
復興局のイトゥです。

8月の1~4日の4日間、盛岡さんさ踊りが開催されましたっ!!
期間中、258団体延べ約3万5,500人の太鼓パレードが行われ、今年の来場者は約138万人(主催者発表)という岩手最大のお祭り。参加者が太鼓踊りの3パートに分かれてパレードを行う”魅せる祭り”でもあり、誰でも輪踊りに”参加できる祭り”でもあります。
昨年度(2014年)には「和太鼓の同時演奏記録」としてギネスにも登録された、パワフルなお祭りなんです!
さんさ_6


祭り初日は観客として見学。
さんさ_1
さんさ_2
うおぉぉぉ始まったー!
リードの鐘の音、リズミカルな太鼓の重低音、なぜかクセになる笛の音、
そして「ハラハラハラセー!」「サッコラーチョイワヤッセー!」と威勢よくかかる掛け声。
特に鐘の音は祭りの後でも頭の中でしばらく聞こえた気がします。

色々な団体がパレードを進める中、コスプレ(仮装)をしている方々もいます。
赤のオーバーオールを着て髭をたくわえたおじさん
赤のおじさんの弟らしき、緑のオーバーオールを着て髭をたくわえたおじさん
電気を発することのできる黄色のネズミ
赤と白のボーダーを着た、世界中でかくれんぼしているおじさん 等々、、、

その中でやたら観客の注目を集めていたのは、映画「千と千尋の神隠し」に出てくる「カオナシ」。
イトゥの周囲の観客(大人子ども含め)は何故か口々に「カオナシだー!」と興奮気味。
なぜカオナシが人気なんだ?
理由はよく分かりませんが、「岩手県民はカオナシが好き」という情報がイトゥにインプットされました。
さんさ_3


さて1日明けての8月3日。
この日、イトゥは「岩手県職員チーム」としてパレードに参加しましたー!!
相棒としてこの日まで一緒に練習してきた太鼓君。重量6,000グラム也。
さんさ_4

思えば派遣当初、春の時点から「夏にはさんさがあるよ」と言われ続けてきました。
太鼓の抽選には当選したものの、練習当初はまーできないできない。
他の自治体・民間からの派遣仲間と励まし合い、家ではダンボールと菜ばしで自主練。
前日までの練習で足の指の皮が剥けちゃったので、テーピングまでして迎えたこの瞬間。
手を覚え、足を覚え、組み合わせ、練習してきた成果がこの日、発揮されるのです!!!

出陣前に復興局の派遣一同(+α)でぱしゃり。
さんさ_5

普段歩くことのできない、片側2車線の道路を堂々と歩きスタンバイ。
さんさ_7

達増知事やおもてなし隊を先頭に、岩手県職員チーム出陣!!
さんさ_9


一度動き出したら最後、ゴール地点まで叩きっ放し踊りっ放し。(4~50分位?)
途中何度も(ちょっと休憩しようかな?)という甘い囁きが聞こえてきました。
しかし!演者にとっては長いコースの一部でも、見学者にとってはこの瞬間だけなのです。
たくさんの見学者に見守られ、応援されている中、どうして手を抜くことができましょうか?

そうしてパレードを続ける中、ついに!!!
そうです、やりきったのです!
サウナにでも入っているかのように、たすきで捲り上げた腕からも汗が滴る!
正直な話、途中何回か間違えた気もするけど、無事完走です!

この後個別に輪踊りに参加、
翌4日の太鼓パレード&輪踊りにも参加し、さんさ踊りを満喫し尽くしました。
今年は1曲(福呼踊り)しか覚えられなかったので、次回は別の曲もマスターして臨みたいですね!


今回はあまりの興奮ぶりに、そばっち君の出番がほとんどありませんでした。ごめんね。
せめて最後だけはいつもどおり締めてもらうからご勘弁を。
さんさ_10

Category : 未分類
Posted by 岩手県復興局 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。