【2015.05.16】そばっち SLに乗る ~岩手の車窓から~

こんにちは、はじめまして!
復興局のイトゥです。
今年4月に福井県から応援職員として派遣されてきました。目指せ月イチ更新☆

今回は蒸気機関車「SL銀河」の乗車体験をご報告します。
撮影モデルはおなじみの岩手県マスコット・そばっちさんです。

そもそも岩手で銀河鉄道と聞いて、ピンと来なかった私。
「松本零士って岩手に関係あったっけ…?あ、宮沢賢治か!
お恥ずかしい。岩手に来てこんなことを言っていてはダメですね。
小説「銀河鉄道の夜」自体はちゃんと読んでますよ!

さてこの「SL銀河」、被災地の復興支援を目的とし、約40年前に引退した蒸気機関車を復活させたもの。
詳しくは「いわて復興だより第84号」をご覧ください。

今回乗るのは遠野-釜石間の旅。
遠野駅では抹茶&茶菓子、駅長さんのお出迎えなど、盛大な歓迎を受けました
SL銀河_1


懐かしい石炭の匂いを感じつつ発車ホームに降りると、SLだーーーーーっ!!!
※写真は到着地点(釜石駅)のものです。
SL銀河_2
イトゥ、正直に申しまして「SLに乗るよ」と言われても興味薄でした。
しかしやはりものづくり大国の日本男児、無骨な造形美にあっという間に心を奪われちゃいました。
黒光りする脂ぎった機関部、作業員の方々がトコロ狭しと構える運転室、そして山積みの石炭。
いいものですね、効率化・自動化の波に飲まれ、現代人が忘れてしまっていた「浪漫~ロマン~」が、ここには確かに残っていました。

思わず上がってしまったテンションを抑えることもなく、いざ乗車!
うひょー、中も凝ってる!
細かい内装までお伝えしてもいいのですが、すごーく長くなりそうなので割愛します。
興味のある方はぜひ自分で乗って体験してください!


乗車前に購入した弁当に舌鼓をうちーの
SL銀河_3
車両内のプラネタリウムで「銀河鉄道の夜」の世界観を味わいーの
SL銀河_4
車掌さんのコスプレで記念撮影しーの(トンネルの中なので少し暗い)
SL銀河_5
約90分の電車の旅でしたが、あっという間に終わっちゃいました。
ありがとうジョバンニ、ありがとうカンパネルラ。

地元の方々をはじめ、観光協会の皆さん、河童、ちびっ子、サッカー中の学生、両手に日の丸の旗を持つおばあさん。
途中ですれ違った皆さんが手を振ってくれて、非常に気持ちのいい旅ができました。
移動のための手段ではなく、たまには「乗車」自体を目的にするのもいいもんですね。


そばっちと行く東北の旅、次回もお楽しみに。
SL銀河_6

Category : 未分類
Posted by 岩手県復興局 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。